by

収入証明が不要なキャッシング

銀行などでキャッシングを利用したいという場合、事前の申し込みにあたっては、たいていは収入証明書の提出を求められることになります。この場合、具体的に収入証明書という名前を冠した書類があるというよりも、サラリーマンであれば源泉徴収票や給与明細、自営業者であれば確定申告書の写しや税務署の所得証明書などといった、収入の状況がわかる書類のことを指すととらえたほうがよいでしょう。
こうした書類をいちいち提出しなければならないというのはめんどうですが、法律にもとづき、顧客の返済能力を超えた融資にならないかどうかを判断する上では必要なことといえるのです。しかし、なかにはこうした証明書の添付は不要でキャッシングができる場合というのがあります。
これは取り扱っている業者によって条件が異なりますが、消費者金融の系統であれば、一度にキャッシングおすすめで借り入れる金額が50万円以内に納まる少額の取引であるか、または他社を含めた合計額として100万円以内となるか、いずれかを満たす場合というのが一般的となっています。どちらも貸金業法の枠内で可能とされている、ぎりぎりの限度といいかえることもできます。
したがって、収入証明書を添付したくない場合には、一度に多額の借り入れをするのではなくて、このような限度の範囲内におさえるというのが、もっとも効率的といえます。また、銀行系の場合については、貸金業法とは別の法律で運用されているために、この金額が消費者金融よりも大きめになっている場合があります。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.